よくあるご質問

Q
ジェルネイルってなんですか?
A
ジェルネイルはゲル状の樹脂をUVライトまたはLEDライトで照射して硬化させるものです。
Q
ジェルネイルで傷むと聞きました
A
以前主流だった、スカルプチュア、ハードジェル(削って落とすもの)、ソフトジェル(溶液でおとすもの)ともに爪の表面のサンディングが必要で、爪の表面が薄くなることがありました。
また、お客様自身でのオフや、セルフネイルも薄くなる要因の一つです。
メーカーやサロンの方針、ネイリストの腕など、様々な理由があります。
当サロンでは完全にサンディングをしないジェルや、オフのしやすいジェルを使用し、またネイルマシーンより、オフの時間を極力減らし、爪の健康保持に努めています。
Q
バイオジェル、カルジェルとの違いはなんですか
A
メーカーの違いですが、大きく分けて『ソフトジェル』という溶液で落とす事の出来るジェルの種類です。
Q
1週間以内お直し無料とはなんですか?
A
当サロンで施術したジェルネイルの浮き・欠けなどについて施術した翌日から1週間以内であれば無料でお直しをしています。1週間以内にお電話で状態をご連絡いただけましたら場合により8日以降でもご対応させていただいております。
1週間以上は有料にてご対応させていただいております。(お直しはオリジナルメニューの料金にて承っております)
※自爪自体の折れ・亀裂・欠けにつきましてはオリジナルメニューの料金(¥800〜とさせていただきます)
※施術時に折れ、二枚爪、亀裂などがみられリペアしなかったお爪やギリギリに折れていたお爪(先端まで施術出来ない状態)は対象外です。
Q
特典サービスはなんですか?
A
☆オフ代半額サービス
Q
ネイルの持ちを良くする方法はありますか?
A
指先の保湿と指先の使い方で変わってきます。
Q
ジェルネイルのオフは自分でも可能ですか?
A
お爪の傷む原因となりますのでなるべくサロンでジェルオフすることをおすすめします。
Q
長くなった爪を自分でカットしても大丈夫ですか?
A
なるべくサロンへのご来店をおすすめします。
Q
深爪矯正とはなんですか?
A
お爪が指の先端より短くなっていたり、お肉が盛り上がっている場合はアクリルやチップなどで擬似爪を作成し、自爪が伸びるのを待ちます。
Q
爪が短いのですが、ジェルネイルはできますか?
A
指先よりもかなり短い場合は、ジェルネイルをしても先端から剥がれやすくなってしまいます。
Q
噛み爪を治すことができますか?
A
噛み爪をしてしまう原因から治すことはできませんが、アクリルやジェルなどで補強すると噛みにくくなるので、癖が抜ける場合もあります。
Q
爪が折れてしまったどうしたらいいですか?
A
爪が折れてしまった場合、他の爪を短くするか、アクリルで長さ出しをし、他の爪との長さを揃えると仕上がりが美しくなります。
Q
爪が折れました、切ってからサロンに行った方がいいですか?
A
爪に折れた場合、できるだけ爪を保護してサロンにいらしてください。補強するお直しで爪を切らずに温存することが出来ます。
Q
ジェルネイルが脇から剥がれてしまいます。
A
サロンでは脇のハードスキン(硬い皮膚)の除去をします。
Q
ジェルネイルが先端から剥がれてしまいます
A
ジェルネイルは先端も包むように塗布していますが 先端を酷使していると摩耗して先端のジェルが剥がれてしまうことがあります。
あるいは、薄い爪の方は爪の柔軟にジェルがついていけなくなって剥がれてしまうことがありますので、爪の薄い方や二枚爪のかたはアクリル補強をオススメします。